明るい環境では心も明るくなる♪少しの工夫で気分の沈みを防げるかも?

こころのブログ

明るさと心は連動していると言われています。

明るいところでは、心も明るくなり

暗いところでは、心も暗くなりがちです。

もし、あなたの心の中に弱さや不足感、執着、欲などが常に渦巻いていたり、いまいち心の調子が上がらない時は

一度身の回りの明るさを見直してみると、何か変わるかもしれません。

明るさと心の関係性

人は環境の影響をもろに受けてしまう

思うに、人は思っている以上に環境の影響を受けやすい生き物です。

映画やドラマなどで、登場人物が落ち込むシーンを想像してみてください。

大概、暗い場所じゃないですか?(笑)

雨が降っている中、部屋の電気も消して、隅っこでうずくまってるみたいな…

そんな環境じゃ、浮上できるもんも出来ません。

逆に快晴の空の下、緑がたくさんで空気の美味しい公園の真ん中では、なかなか落ち込む雰囲気にはなれませんよね。

これを利用して、心が闇に沈みそうになったら

あえて照明を明るくしたり、体を思いっきり動かしてみたりするなどして

わざと落ちない環境に自分を持っていくのもいいかもしれません。

心が相当強い人は、環境に左右されなくなるくらいにまでなれるかもしれません。

しかし、そんなに心の強い人、100人中1人いるかどうかくらいじゃないでしょうか。

「私は大丈夫でしょ」という気持ちは慢心に繋がり、そこから心の闇、弱さが湧き出す原因にもなります。

「自分はまだまだ」と常に心を律し、自分を取り巻く環境には十分に気をつけた方がいいと思います。

これは明るさだけの話ではなく、人間関係や就いている職業、住んでいる土地などもそうです。

私自身も心のカウンセラーをやっているからこそ、自分の心に弱さが出ないか常に気を付けています。

日本海側・北海道にお住まいの方

お天気に曇りや雨が多い日本海側や、緯度の高い場所にある北海道。

これらの地域は、太平洋側よりも日照時間がかなり少なくなります。

実際にこれらの地域では「冬季うつ」と言って、日照時間が少ないことによるうつが存在するそうです(れっきとした病気の一種です)。

生まれた時からその環境が当たり前の日本海側・北海道の方々は、冬季うつの存在自体を認識していない方が多いみたいなのですが

冬場のうつ気分を感じることはよくあるそうです。

そしてなんとその冬季うつには、「光療法」といって

光を浴びることで冬季うつを治すという治療方法、これ一択なんだそうです。

光療法について少し調べましたが、人工的な光でも大丈夫なようでした。

ということは、普段から照明を明るくしたり、お部屋の雰囲気を明るくしておけば

心が沈む前に手を打てるのではないかな?と思います。

「自分はそういう地域に住んでいるんだ」ということを忘れず、心がしんどくなる前に対策してみて下さいね。

もともと暗い照明が好きな人

「暗い場所の方が落ち着くから好きなんです」という方もいらっしゃいます。

そういう方は、その環境が好きという原因が心の中にあるはずです。

暗いところが好きな人というのは例えば、落ち着きたいと思っていたり、リラックスしたいと思っているのかもしれません。

しかし、そう思っているということは、日々疲れている・普段から緊張しているということの表れです。

「電気をつける作業が面倒くさいから」という理由であれば、ただそれだけの作業すらも面倒さを感じてしまうほど

怠惰の闇が大きいということなのかもしれません。

そういう方はまず、自分の心の状態をきちんと把握し、改善できるところから改善していくといいと思います。

電気代が若干かかったとしても、その若干のお金で自分の心を良い状態に保てるのなら、安い買い物です。

お部屋を明るくして、気持ちが沈まないよう工夫してみて下さいね。

明るさを見直すことで、落ち込むことや、心の弱さが出てくることが

少しでも少なくなればいいなと思います。^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました