他人頼りになると現実は動かない

こころのブログ

自分のことなのに、

「誰かが何とかしてくれるだろう」

「今は何も策がないけれど、棚からぼた餅的に、いつかふっと解決のアイデアを思いつく日が来るだろう」

そんな風に考えてしまう時。

まさに、外側の誰かや何かに頼ったり、依存している状態です。

しかし、そんな心の状態では棚からぼた餅なんて永遠に降ってきませんし、

そんな覚悟の中途半端な人に、手を貸してくれるほど暇な人も(人間も天界の人も)いません。

自分の中の問題ごとや課題であれば、まずは自分が何が何でも解決する!と覚悟を決めること。

覚悟が決まれば、心の状態はその人の空気感に表れます。

腹をくくって潔い空気感をまとった人にこそ、

人は協力したくなるものです。

そう考えると、問題ごとや課題の進行具合は、辿っていくと結局は自分に原因があるということ。

もし、何かがうまく行ってない方や、課題を解決しないとだめなのに時間ばかりが過ぎていく…という方は

ご自身の心の状態がどんな状態なのか、向き合ってみてください😌

コメント

タイトルとURLをコピーしました