無意識のうちに他人をコントロールしていることがある

こころのブログ

「コントロールする人」と聞くと、

どれだけヤバい人なんだろう、とか
関わりたくないな、と思われるかもしれません。

しかし実際のところ、コントロールは身近にありふれています。

知らず知らずのうちに自分自身が他人を
コントロールしてしまっていることもあるのです。

無意識のうちにやってしまうコントロール

コントロールしようとする人の心理

私はずっと、コントロールする人というのは
威圧的だったり、圧が強めな人だと思っていました。

例えば、ブラック企業の高圧的なパワハラ上司みたいな人とか。

はたまた、北◯鮮のトップの方とか。

  • 相手に恐怖や不安を与えて怯えさせ、逃れられなくする人
  • 相手が嫌がっているのに笑顔で無理やり押しつけ、納得するまでとことんゴリ押しをしてくる人
  • 「こいつを俺の思い通りにしてやる!!」みたいな心理の人(コントロールする気満々)

そういう分かりやすい人たちが、そうなんだろうと思っていました。

しかし、心理を研究するようになってから、びっくりしたことがありました。

「相手にこうなってほしい」
「相手はこうなった方が絶対にいいだろう」

その思いを持っていること、それ自体がコントロールに繋がってしまうのです。

たとえ、口では「あなたの意思を尊重しています」や
「説得するつもりはない」と言っていたとしても

心の底に「本当は相手にはこうなってほしい」という思いを持ってしまっている時点で
多少なりとも相手をコントロールしようとしている状態になります。

そういう状態だと、

「私はあなたにこうであってほしい」

「こうするのも良いんじゃないかなぁ」

「こうすることは出来ないの?」

などの言葉が自然と口から出てきます。

コントロールは、自分の都合の良いようにしたいという欲求なので

相手のことを考えているような口調だったとしても、実は心の底では全く相手のことを考えられていません。

コントロールを手放す

心の状態を良くする上で、他人へのコントロール欲求を外すことや

コントロールしてくる人から離れる、ということは必要になってきます。

では、コントロール欲求のない状態は、どんなものなのでしょうか?

コントロール欲求が0だと、相手が選んだ選択に対して説得しようとしたり

つべこべ言ってきたりしません。

相手の自由意志を100%尊重してくれているからです。

そこに、「あなたのためを思って」だの、「こうした方があなたの人生にとって良いんじゃないか」等の押しつけも
一切ありません。

さらに、内心の【こうした方が絶対いいのにな…】という思いも、ありません。

その人が選んだことなら、それがその人にとっての最善ということだから、私がつべこべ言うことではない。

そんな風な心の状態です。

コントロールをやめることでお互い楽になれる

自分がコントロールしていた側だった場合、コントロールする理由には

必ず何かしら、自身のメリットが関わっているはずです。

メリットを得たくて相手をコントロールするという。。

しかし、相手をコントロール出来なかった場合、メリットを得ることが出来ないので
その場合、相手への怒りであったり、排他的な感情や、下に見るような感情が湧き上がってくる
ことと思います。

それらの感情は、闇ですよね。

闇の状態で長くいることは、結構しんどいです。

コントロールを手放すことで、自分自身の心がグラグラ揺れることもなくなりますし

何よりコントロールされていた側の相手も、不快な思いをすることがなくなります(こっちの方が大事!!!)。

自身のメリットをコントロールによって得ることは、本当の豊かさではありません。

私自身も、
「他人をコントロールしてしまう自分なんて絶対に嫌だ!これからは無意識も含め、一切コントロールしないようにする!!」

と決めて実践した結果、

無意識にコントロールしていた時よりも心が楽に過ごすことが出来ています^^

この心地よさは、コントロールを手放した人にしか分からないかもしれません。

この記事が、一人でも多くの方のコントロールを手放すきっかけになれたら嬉しいなぁと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました