ゴキブリ嫌いは克服できる(Gのイラスト/写真は一切ありませんので安心してご覧ください)

こころのブログ

以前から私は、大のゴキブリ(以下省略のためGとします)嫌いでした。

「ゴキブリ」この単語を見るのも嫌でしたし、リアルなイラストはもちろん、デフォルメされたイラストでさえ見るのが無理。

写真なんてもってのほか!!でした。

それでも、うっかり出くわす時ってありますよね。

部屋に偶然出たり、マンションの廊下や、屋外で見かけたり。。。

その場合、夢にまで見る始末。とにかく筋金入りのG嫌いでした。

G嫌いの克服の仕方

これはGに対してだけではなく、他の嫌いなものに対しても応用が効くのではないかと思います。

真の「嫌いな原因」を把握する

こんな私が、どうやってG嫌いを克服したのかと言いますと。

まず「なぜ嫌いなのか」その部分をきちんと把握したことがきっかけでした。

実は私は、バッタや蝶々、カブトムシ、フナムシ、カナブン、ムカデなどはある程度平気(飛ばない奴ほど平気率高め)。

それなのに、なぜGだけにこんな嫌悪感を示すのか?

自分ではそれが当たり前、G=忌むべき存在だろうと思っていましたが、指摘されてみると確かに不思議でした。

ただ「気持ち悪いから」「不潔だから」「素早いし」「大きいし怖い」とかそういう誰がみてもわかる要素ではなく、心のもっと奥。。。

Gだけを異様に恐れるというのは、前述のものとは何かしらの別の理由があるはずです。

私の場合、「コントロールできない」「予測できない」というものへの恐れが心の根底にありました。

Gの場合は、飛びますし、動きもすばしっこくて何処へ行くかわからないですし

エアコンつけたらブーンと飛んできたなんて話も聞きますしw

本体が薄いせいで、気づかないうちに部屋の中に侵入してきたりしますし…

そういう予測できない、自分の支配下に置けないところに対して、恐れを感じていたんです。

心の弱さが原因として関わっていることがある

これがわかった時は、眼から鱗でした。

でも、少しわかるなぁ、私らしいなぁと思う部分もあり。

もともと私は心の弱さとして、コントロール欲求がかなり強い方でした。

今でこそ向き合うことで傾向と対策を知り、以前に比べれば治まってきてはいますが

だからと言って、自分の中のコントロール欲求が消滅するわけではありません。

ただ眠るだけなんです。

何かの原因には、心の弱さが関わっていることが多くあります。

なので「なるほど、確かに…」と思いました。

(私・こころの場合は)コントロールを手放す

私の場合、G嫌いの他にも「雷嫌い」「急な音にびびる」というのも持ち合わせており、

それらを全て総括すると【自然に対する畏怖】なのだということがわかりました。

コントロールできない自然。当たり前ですよね。

それらに対しても私はコントロールしようとしていたのか…と分かると、なんだか自分が馬鹿らしくなってきました。

Gなんて、ただのちっぽけな虫じゃないか。

なんだか心からそう思えてきてしまいました。

Gも、雷も、急な何かの音だって、コントロールできないし、しようともしなくていいんだ。

自然とはそういうもの。そして、自分は自然の中で生かされている。

そう思うと、自分はGが嫌いだの雷が嫌いだの、何を言ってんだ……と思えてきたのでした。

G嫌いの原因が分かり、感性が変わり、Gへの見方も変わった。

信じられないかもしれませんが、ただそれだけで、私のG嫌いはすっかり治ってしまったのです。

後日談

実はG嫌いを克服したのは旅の途中だったのですが、

旅から帰ってきたあと、なぜかYouTubeのおすすめにG動画が出てきていました。

(確か、「ブラック○ャップとコン○ット、どっちが効くか検証実験!」みたいな動画だったと思います。)

検証実験動画なので、もちろんG様たち、デカデカと画面に映ってらっしゃいますし、薬剤が効いて裏向きになってご臨終されるシーンも映っていました。

が…

「あれ?何故か見れる。😳

なんかしかも前から見たら顔があるんや(当たり前)。

待って、Gって意外と普通の虫じゃない???」

と、心から思えてしまったのです。

以前はブラック○ャップ売り場がGイラストが多すぎて直視できなかった私が、それ以来普通にガン見することが出来ています。

心が変わるだけで、こうも変わる?!とびっくりでした。

もしリアルで出会ったとしても、おそらく普通に驚くとは思いますが、前ほどもびっくりしないのかも?と思っています。

とは言え、部屋の中に万が一出た場合、繁殖されたら困りますし不潔なので、倒しちゃいますけどね^^;

不必要な恐怖感に苛まれなくなったという点においては、G嫌いを外すことが出来て本当に良かったと思います!✨

以前よりも自然が好きになれた、31歳の夏でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました