褒められた時は成長のタイミングではない

こころのブログ

私は昔から、褒められることが大好きでした。

褒めてもらえることが何より嬉しくて、褒められると「やった!」という気持ちになり、喜んでいました。

なぜ喜んだかというと、

褒められると「成長したんだ!レベルアップだ!」という気持ちになっていたからです。

しかし冷静に考えると、褒められる=成長(プラス)なのだとしたら、

褒められない=マイナス、ってこと???

ん??????

他人から褒められるかどうかで、自分をプラスに捉えたり、マイナスに捉えたりしてるってこと…???🤔

本当に他人からの評価で、自分は成長したり退化したり、してしまうのでしょうか??

きっと、違いますよね。

他人の評価というものは、自分の行動に対する客観的な感想または助言であり…

それを完全に無視するのもどうかと思いますが、逆にそれが全てだとするのも違うような気がします。

現に、他人からの評価を気にしている時が

一番気分の浮き沈みが激しく、自己否定にも繋がりやすかったな…🤔と

自分の経験を通しても思います。

では、本当の意味での成長とは一体なんだろうか?

私が思うのは、今まで分からなかったことに対して心からの気付きや学びがあり、

その気付いたり学んだことを行動まで落とし込めた時が、自分にとっての成長したタイミングなのではないかと思います。

なので、そのタイミングでもし誰も褒めてくれなかったとしても

自分にとってはそのタイミングこそがとても大きな成長なのです✨

逆に、特に気づきや学びの無い時(既に習得していること、自分が得意で呼吸するかの如く自然にやってのけられること)を褒められたところで

その時には既に自分は成長したあとなので、他人に褒められたタイミングが成長ではないし、プラスでもないのだと思います。

そう捉えるようになると、他者評価によって一喜一憂することがなくなります^^

常に、「何に気づかなければならないか」それだけに集中できる。

そういう時は、感情のアップダウンというのもありません。

自分がやってみたことに対して、

「それは違うんじゃないの」「前と何も変わってないよね」

と他人から評価を受けた時に

「褒め=成長(プラス)・褒められない=マイナス」と紐づけている人の場合、

Aさん
Aさん

ガーン。。。違うって言われた。

何も変わってないのかぁ。ショック。。。

私ってダメなんだな。

というふうに捉えてしまうことと思います。

しかし、「自分の気づきや学びを行動に出せた時が成長」と思っている人は、

Aさん
Aさん

そうか、これでは違うんだな。

じゃあどうしたら上手くいくだろう(気づくことが出来るだろう)?

というふうに、気づくことに集中しているので

他人の評価を健全に受け止めることが出来るのです。

感情のアップダウンが激しい人ほど、自己否定に繋がりやすいのかなと思います。

他者評価によって一喜一憂してしまう…という方は、

少し捉え方を変えるだけで、もしかすると心が楽になるかもしれません^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました