「前はこう言ってたじゃない!」相手の意見の変化を受け入れられないのはなぜ?

こころのブログ

「前はA案で行こうって言ってたじゃないですか!」

「私のこと愛してるって言ったじゃない!」

長い人生の中で、このようなことを思ったことはありますか?

私は、上記のケースではないにしろ
「あなた、前はこう言ってたよね…?(イラッ)」と思ったことが何度もありました。

意見を変えた相手は一貫性がない人だな、とさえ思っていました。

しかし、今振り返ってみると

自分の心の状態も相手の心も、私は全く見えていなかったんだな…と思うんです。

相手の変化を受け入れられない人の心の状態

まず、こう思ってしまいがちな人というのは

相手が言ったことを真に受けてそのまま信じすぎというか、
それがずっと続いて絶対なのだと思っ
てしまう節があるように思います。

  • 「A案で行こう」と言ったから、その意見は変わらないはずだ。
  • 「愛してる」って言ったから、この人はずっと私のことを愛してくれるはず。

しかし、人の心は移ろいゆくものですし
意見が変わることは大いにあるはずです。

その時その時の流れや、相手の心の状態を見よう・知ろうとしていないから

相手が意見を変えた時に「受け入れられない!」「なんで?!」という状態になってしまうのかもしれません。

そして「私はあの時の言葉を信じていたのに、裏切られた気持ち。。。」と

自分がどうだったのかはまるで省みず、自分だけがまるで被害者かのような思考になってしまいがちです。

しかし、自分と相手の関係性を客観的に見たり
相手の心に興味を持って見ることが出来ていたら…?

お仕事だと、B案に変更される前に、建設的な話し合いが。
恋人だと、関係修復のための話し合いなどが持てたかもしれません。

そして、相手が相談もせず決定を下してしまったということは

こちら側に相談しにくい空気があったのかもしれませんよね。

相手の気持ちの変化を受け入れられない!ついていけない!と思う人というのは、相手の流れや心の変化を感じ取れていない人。

実は、他人にそこまで興味がないのかもしれません。

自分の心の状態を知ることから始めてみよう

そのような方はまず、自分の心の状態を知ることから始めた方がいいのかな、と思います。

他人に興味のない人間は心の状態にも疎い人が多いので、自分の心の深掘りでさえ
とてつもなく難しく感じると思います。

しかし、自分の心を少しずつ分かることで
自分はこんな風に考えて、こういう生き方をしてきていたんだな…とか

自分という人間がもっと分かるようになるはずです。

そうすると、対人関係においても
自分こういうとこあるから気をつけよう!と意識したりして。

自分の心を省みることで「自分はこうだったけど、他人の心はどうなんだろう?」と
興味が湧いてきたりするのかも、と思うのです。

人が変わるのに、年齢や時期の遅い・早いは無いと思っています。

「今までのこんな自分から変わりたい!」と思った時が、その人にとってのタイミングなのだと思います!

まずは自分の心の状態を良くしていくことで、ありのままの魅力をもっと出せるようになったり
人間関係が上手くいく人がもっと増えるといいなぁと思います^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました