「なぜ自己否定をするのか」考えたことはありますか?

こころのブログ

当たり前のようにいつも自己否定してしまっている方は、改めて「なぜだろう?」と考えることって少ないのかな?と思い

今日このブログを書いています。

私自身、昔から自己否定の思考の癖がありました。

しかしある日、ふと思ったのです。

「そういえば、なんでこんなに自己否定しているんだろう?」と。

その時の私の場合は

「自分を責めることで、目の前の向き合わないといけない問題から目を背けることができる

「自分を責めることで、悲劇のヒロインになれる(被害者意識)

でした。

そこに気づいた時は、愕然としましたね^^;

もともと私の自己否定は、妄想型なので

誰も私を責めていないのに、勝手に自分で自分を責めていたんですね。

その理由が、問題に目を向けたくないという意識(逃げの意識)と、被害者意識。

めちゃくちゃ自分かっこ悪いやん!と思いました。

しかし、自分にはそういう思考の癖が付いていたんだ、と思考パターンを認識できたことは

当時の私にとってはとても大きいことでした。

自己否定しそうになったら

「自分を否定して逃げるんじゃなく、どうやったら問題を乗り越えることが出来るかをちゃんと考えよう」

思考を切り替えるようになりました。

そこからは、やはり思考の癖はすぐ取れるようなものではなく、何度か自己否定に陥りそうになりましたが

そのたびに「違う違う!」と切り替えてきたことで、今では昔の自己否定癖が嘘のように、全く自分を否定することがなくなりました。

ただ、この「自己否定する理由」というのも人によって違うと思っていて、

もちろん、全員が私の理由と同じではないと思います。

なので、私が書いた理由にとらわれることなく

「なぜ自分は自己否定してしまうのかな?」と、冷静に自分の心に聞いてみてください。

理由がわかれば、何かしら出来る対処があるかもしれません^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました