「覚悟を決める」ということ/決まりきっていない人とどう違う?

こころのブログ

この仕事をしていると、覚悟・決心・決意・決断の連続です。笑

自分自身もたくさん経験してきた中で、覚悟が決まっている心と決まっていない心は、どう違うのか?

感じたことを書いてみようと思います☆

覚悟が決まっている人の心

出来るか出来ないかは二の次で、とにかくやると決めている

覚悟が決まっている人は、とにかく行動します!

行動すると成功・失敗がありますが、
やる前から「もし出来なかったらどうしよう…」なんて考えません。

個人的には、覚悟が決まった人にはその瞬間
自然と良いゴールイメージが降りてくる
ような気がしていて、

なので「失敗したら、、、?(´;ω;`)」という想像がないのかもしれません。

とにかく、やってやって、やってみる!というスタンス。

思った結果にならなくても、そこから学び取れれば失敗では終わらないので
覚悟が決まった人にとっては、ある意味失敗というものは無いのかもしれませんね^^

いろんな創意工夫が湧いてくる

やっていくうちに、かなりの困難や、大きな壁にぶつかった時

覚悟が決まっている人は、絶望しません。

いちいち落ち込んでいる暇なんてないからです。

絶望ではなく希望が胸にある状態なので、
「良い未来にするためにはどうすればいいか」のみを考えます。

やると決めている人は「このやり方が無理ならこっちはどうだろう?」と、アイデアが湧いてきます。

妙にスッキリして清々しささえ覚える

これは感覚の話なのですが、全く雑念が出てこないんですね。

とても心が澄み渡っていて、表情もキリッとしています。

心がスッキリしているので、その人から出てくる言葉もさっぱりしています。

覚悟が決まっていない人の心

出来る・出来ないを気にしてしまうため、なかなか行動できない

心が決まっていない人の頭の中には、常にネガティブイメージがつきまといます。

心が決まっている人でも、リスクを排除するために最悪の場合を考えることはあります。

しかし、「そうなった場合、こうやって解決する」という策もセットです。

心が決まっていない場合、その解決策を考える前に思考が止まってしまい

そのあと、「ハァ〜〜〜…」「どうしよう……」等
マイナスな感情に引っ張られ、何も前に進まず終わってしまいます。

諦めてしまう

「諦めたらそこで試合終了」という有名なセリフがありますが、

まさにその通りで…

マイナスな感情のあと、「無理だ…」と諦めてしまうと、もうその時点で
「達成するのは100%無理」な状態に陥ってしまいます。

無理だと決めつけてしまう。
これが、絶望です。

逆に言えば、1mgの希望でも、持ち続けて諦めさえしなければ、道は開けてくる可能性がいくらでもあります!

諦めないということは、実はすごく重要です。

どこか拭えないモヤモヤ感

「決めました」「やります」

そう口では言っていても、どこか心にモヤっとしたものがある場合
おそらくあなたの心は決まりきっていません。

自分のどの部分が納得していないのか?

何に引っかかっているのか?

自分と向き合って突き止めると同時に、

「そもそも、何のためにやるんだったっけ?」
という目的を、もう一度思い出して下さい。

自分の原点に返ることも良いと思います。

今やろうとしていることに対して、あなたの心はどんな状態ですか?

心の決まっている人/決まっていない人について書きましたが、

「私にも当てはまる!」「うわ、私今これやわぁ…」っていうの、ありましたかね。笑

もしまだ、心が決まりきっていなかったとしても大丈夫。

時間がかかっても、あなたは自分で決心できます。

大切な人を信じる気持ちと同じくらい、心の底から自分を信じてあげてください。

心が決まると、早いです!
今までのあなたとは別人のように、素早く動き出せると思いますよ♪

この記事を見てくださっているあなたが
良い未来に向かって行動出来るよう、応援しています^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました