カウンセラーの枠を取っ払ってみようか

こころのブログ
🎁🔔トライアンジュのクリスマスパーティー👼🎄

2020年12月26日(土)11:00〜17:00/入退場自由*参加費無料
(各メンバーの限定特別メニュー(有料)は受けたい方のみどうぞ♪)
あたたかいお飲み物とお菓子をご用意しております☕️✨
アットホームなサロンで楽しいひとときを過ごしてみませんか?
詳しくはこちらから

今の仕事に携わる前の、私のカウンセラーに対するイメージ。。。

  • 心が病んだり心の病気になってしまい、もうどうしようもなくなった時に行く場所(最終手段)
  • それまでは身近な友人・知人に相談するので事足りる
  • 日常の些細な悩みでカウンセラーを頼るのは、大袈裟というか、なんとなく気恥ずかしさがある

このように思っていました。
.

そう…なんとなくですけど、敷居が高いんですよ。カウンセラー頼るって。

身近じゃないというか。

.

でも、自力でなんとかしようと頑張ってしまった結果、どうにもうまくいかず

そういう日常の些細な悩みが日に日に大きくなってしまい…

しまいには鬱になってしまったり、不安障害や適応障害等になったりしてしまう、という方もおられると思うのです。

そうなってからでは回復するのにとても時間がかかりますし、何より病んでしまった本人が気持ち的に一番しんどいのではないかと。。。

(しかも、上記症状ってカウンセラーじゃなく精神科や心療内科の管轄なんですよね。心の「病」なので。)

.

私は医療従事者ではありませんので、そうなってしまってからは、残念ながらお手伝いできることがほとんどありません。

そうなってしまう前に、導きの手を差し伸べられたらいいなと常々思っています。
.

どうしたら皆さんが気軽に頼ってくださるのかな?と考えた時に、

私は世間一般的なカウンセラーのイメージというものを逸脱する必要があるのではないか、と思うようになりました。

.
例えば、私が皆さんと、相談のあるなしに関係なく、先に友達のような関係を築けたとしたら。

何かお悩みがあった時に、私に悩みを話すという選択肢を持ってもらえるのかなと。

「もうどうしようも出来ない…よし、カウンセラーにお願いしよう」というのではなく、ふと「(カウンセラーをやっている)こころに聞いてもらいたいな」という感覚。

.
だから、もっと、およそカウンセラーらしくないことをたくさんやってみてもいいのかもしれない。

それをメニューにしたっていいのかもしれない。

現に今も限定メニューですけど、山から土仕入れて七輪で陶芸やってますし(笑)

私が先陣きって、もっと自由にやってもいいのだということを体現してみてもいいのかなと思いました。

.
で、メニューどうしようかなぁ💭

もちろんメニューを通してお悩みなどを解決できるお手伝いが出来たらいいなとは思いますが、

単純にいろんな方と知り合って仲良くなるというのも、私の楽しみの1つでもあります。

だから、お悩みのある方だけじゃなく、今のところお悩みがなくて…という方も気軽に参加してもらえる何かがつくれたらいいなぁ、なんて思っています☺️

年齢関係なく、心から楽しめる、輝ける場所をつくりたい。

.
少し構想はあるのですが、いかんせんまとまりきらず

もう少し練ってみようと思います。

土練ってる間に、アイデアも連動して練られたりしないかしら(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました