コロナ離婚、コロナ不倫について思うこと

こころのブログ

昨日ニュース記事で見てびっくりしたのですが、

最近、離婚や不倫の相談が普段よりも倍増しているみたいです。

事業の存続が危ういとか、倒産など、お仕事関係の相談が増えるのは世界経済的に分かる話なのですが、

なぜ不倫や離婚が増えているのでしょうか。

離婚や不倫はなぜ起こるのか考えてみた

その記事を詳しく見てみると、

  • 普段家にいない(旦那or妻)がリモートワークや外出自粛等で家にいることが耐えられない。
  • 今までは良好な関係だったのに、ここに来て急に(旦那or妻の)不倫関係が発覚した。

と書いてあります。

コロナの時期にたくさん増えているということで、「コロナ離婚」とか「コロナ不倫」と名付けられたみたいです。

でも、全国の夫婦が、コロナの今の状況だからといって離婚や不倫をするのか?と考えると、そうではありません。

離婚や不倫が起こる夫婦と、そうでない安泰な夫婦はどう違うのだろう?と考えてみました。

離婚や不倫を選択する人の心理状態

まず、離婚や不倫が起こるということは

相手に対して満足していない=不満がある状態だと思うんです。

.
その不満というのは、コロナだからいきなりでかい不満が出てくるというわけではなく

今まで自分の心の中に積もり積もってきた小さな不満(でも今までは我慢してきたり、見て見ぬふりをしたり、認識できていなかったり)が

異常事態という状況下の中、はっきりと自覚出来るようになっただけなんじゃないかな、と思うのです。
.

離婚の場合は、↑のような不満が決定打となり、話し合った結果

私たち別れましょう、となるケースかと思います。

不倫の場合は、相手に不満/不足感があるから他で満たしたいという気持ち(=欲)が不倫した側の心を占めている状態かと思います。

不満が生じたらすぐに二人で解決しておく

なぜ不満が積もり積もって爆発してしまったのか?ですが、

不満がどちらかの胸に生じた時に、二人でしっかり解消できなかったことが原因ではないかなと思います。

ここは、「二人で」というのがとても大切なような気がします。

.
「(旦那or妻)に対して、ここが不満だなぁ」と思った時

「まぁでも、私が気にしないようにすればいいか…」と我慢したり気持ちをかき消したりしても

、実は心の奥底ではその思いがくすぶったままで、解決ができていない状態です。

.
少しでも心がモヤッとした時は、夫婦関係に限らず口に出してはっきり伝える方が後々うまくいくような気がします。

その時は一時的に気まずい雰囲気になってしまうかもしれません。

しかし「自分はこう思った」ということすら伝えられないのに

これからの長い人生、その人と一緒に生きていくことができるのでしょうか?

不満を感情任せに相手にぶつけない

不満を伝える際、感情任せに相手にぶつけないということも大切です。

話し合う目的とは、互いが納得して和解し良い未来をつくることです。

頻繁に言い合いや喧嘩(感情のぶつけ合い)をしてしまう方は、話し合いの目的を二人が共有できているのか?という部分も見直した方がいいのかもしれません。

ベクトルが夫婦の未来に向いているのか、

ただただ自分がスッキリできればいいと思っているのかでは、伝え方も言葉の柔らかさも全然違ってきます。

夫婦関係はお互いの心の状態がとても大切

夫婦は違う人間同士なので、言わないと伝わらないことがほとんどです。

どれだけ長い期間一緒にいる相手であっても、100%こちらの気持ちを察してくれるようなエスパーはいませんし、私たち自身も相手の気持ちを100%分かるわけではありません。

やはり関係性に慢心せず、お互いに気配り・心配りをしながら、光の部分で接していけたら

円満な夫婦関係を築いていけるのではないかなと思います^^

.
普段から光の心で生き、光の心で人と接していくことを心がけたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました