帰宅後何気なく口にする「疲れた」に着目してみよう

こころのブログ
🕊💖イベント情報🌈🔔
私こころが所属するサロン
トライアンジュは6月末にお引越ししました★
お披露目イベントを7/18(土)19(日)
両日とも11:00-17:00で
開催いたします😊
お茶を飲みに来るだけなら参加費無料♪
その日限定有料メニューを受けるのもOK!詳しくは こちら をクリックorタップ✴️

仕事から帰ってきて開口一番、

「あーー疲れたー!!」と言う人は多いですよね。

昔は、学生でも社会人でも疲れたと口にすることはごく自然で、当たり前の事だと思っていました。

ちなみに私は、疲れたと口にすることは悪いことだとは思いません。

実際に、本当にお疲れなのだと思いますし、その疲れをストレートに口に出せているのは

自覚がなくて口にすら出ないことより、よっぽどマシだと思います。

(私の知り合いでも、疲れを自覚なく働き続けてついにある日起きられなくなり、ドクターストップで休職→転職せざるをえなくなった人がいるので…自覚しているかどうかはとても大切だと思います。)

大切なのは、その「疲れた」の中身に

しっかり目を向けた方が良いんじゃないかな?ということです。

例えば、身体は疲れたけど心はやり切ったという充実感でいっぱいなのか。

その逆で、心は疲れているけど身体は実は元気なのか。

身体も心も、そこそこの疲れという状態なのか。

はたまた、心身共にかなり疲弊してしまっているのか。

そしてそれが、1日だけや特定の時期だけのように限定的なものなのか?

ほぼ毎日のように、慢性化してしまっているのか?

振り返ってみてください。

ここで、自分の本当の気持ちや状態に嘘をついたり、蓋をしたりしないことが大切です。

よく、「志事(しごと)で疲れたと言ってはいけない。充実しているという言葉に置き換えよう!」みたいなのが

自己啓発で出回っていたりしますが、

それをする事で時に、自分の本当の気持ちに見ないフリをしたり、嘘をついてしまうこともあります。

無理やりポジティブになろうとすると、心や身体に必ず反動が起きるため、私はおすすめ出来ません。

自分の状態は本当はどうなんだ??ということを、目を逸らさずしっかりと見つめてください。

もし、「心身共にかなり疲弊している状態で、でも収入のために続けている。」という場合、

本当にその仕事で一生やっていっていいのか、再考の余地はあるんじゃないかと思います。

仕事は1日のうち、人によって違いますが、何割か占めているものですよね。

例えば8時間労働の人の場合、実質休憩時間も入れて9時間。

1日の1/3以上は職場で過ごしています。

2時間残業している人なら、9+2=11時間は職場にいることになり、

1日の1/2弱、職場で過ごしていることになります。

ということは、休日を考慮しても1年の1/4〜1/3は、職場で過ごしているということ。

人生に置き換えても、仕事の割合が多いことは分かると思います。

仕事をしている方には様々な事情があるでしょうし、軽はずみに「転職したらいいよ!」なんて言うつもりはありません。

しかし、疲れが溜まり続けて身体や心を患ったり

患うまで行かなくてもしんどい状態が続きそうなのであれば、

それは本当に、改めて考えてみてもいいんじゃないかと思うんです。

心身の健康より大事な仕事なんてないと思います。

心と身体の声をよく聞いてあげてください。(頭で考えないで!)

本当は自分は何がしたいのか。

心からやりたい仕事は?働き方は?環境は?

普段から疲れた〜と口にしている方は、この記事を見られたのも何かの縁かもしれませんし、

良かったら是非一度、胸に手を当てて自分に聞いてみてくださいね。☺️

コメント

タイトルとURLをコピーしました